一般に、相続放棄といえば、親が莫大な借金を遺して亡くなった場合などに家庭裁判所にてする法的手続きです。

莫大な借金、とまでいかなくとも、プラスの財産より負の財産のほうが多い場合に主に利用するものです。

遺産分割協議において財産を取得しない事とした場合にも「放棄した」と言ったりするので、区別が必要です。

さて、私もよくこの相続放棄の申述書の作成、依頼を受けますが、いろいろと難しい点があります。まずは、「自己のために相続の開始があったことを知った時」から3か月以内にしなければいけない事。

一般には被相続人が亡くなって3か月以内にするものですが、集めなければいけない書類も多いですし、3か月って、結構あっという間なのです。例えば親が亡くなって3か月以内に、親に借金があったかどうか調べなければいけません。いくら親子とはいえ、借金があったかどうか、いくらあったか、知らないことの方が多いのです。

亡くなって数か月たった後に、債権者から、親の借金を払ってくださいとの通知がくることだってあるのです。また、両親が離婚して音信不通だった父親が亡くなったとしたらどうでしょう。離婚後にどんな財産があったのか、はたまた、どんな生活をしていたのかさえ分からないのです。お葬式すら呼ばれないかもしれません。

これで3か月以内に放棄しなければ、決断しなければならないというのは、かなり酷だと思いませんか?

コメントを残す