珍しいケースで、「再転相続の放棄」というのがあります。たとえば祖父が借金を遺して死亡して、そのあとすぐに、父が死亡したとします。

父は祖父の相続人ですが、相続の承認も放棄もせずに亡くなりました。父自身には借金はなく、遺産は+が多い。祖父の相続はしたくないけど父の相続はしたい。そんなわがまま、叶う可能性があります。それが再転相続の放棄なのです。

こんなケースに該当した方、当事務所にご相談ください。

コメントを残す